パーソナルカラー詳細

パーソナルカラーとはお顔を美しく、引き立ててくれる色です。


「パーソナルカラー」というのは「似合うグループ」を指します。グループは4つに分かれ、四季の名称がつけられています。


パーソナルカラーは「春=Spring」タイプと「秋=Autumn」タイプ、「夏=Summer」タイプと「冬=Winter」タイプの4つのグループ(シーズン)に分かれており、わたしたちに似合うタイプも、このシーズン別に分類することができます。
また色は「黄色み(あたたかさ)」を感じるものと「青み(冷たさ)」を感じるものの2つに分けることができます。 例えば「黄色」でも、バナナやカスタードのような黄色はあたたかく、レモンの黄色はクールに感じませんか? 「赤」でしたらバラの赤は青みがかり、神社の鳥居の赤は黄みがかっていますね。この中で黄色みを帯びた色のグループは「イエローベース」または「イエローアンダートーン」といいます。青みを帯びた色のグループは「ブルーベース」または「ブルーアンダートーン」といいます。
相対的にイエローベースの人は、オレンジやグリーン、ベージュ、茶系が得意です。反対に青・紫系の洋服を選ぶときは注意が必要です。ブルーベースの人は青、紫、グレイ系が得意です。オレンジは苦手。イエローグリーンよりブルーグリーンを。「私は赤が似合わない」「ピンクの口紅はダメ」と思い込んでいたりしますが、似合うグループの色を選べばそのようなことはないのです。診断にはシーズンに分類したドレープ(布)をお顔の下にあてて、順番に見ていきます。似合う色だと「若々しく、肌に張りや艶が感じられてきれいに」etc…見えます。そうでない色では、疲れて見えたり、肌のトラブルが目立つなんてことも…。これは、男性の場合も同じです。ビジネスシーンでは色の冒険をするのは難しいかも知れません。けれど、少し注意深く色を選べば、印象度は格段にアップします。

お肌が黄みがかっているみたい…=イエローベース では、ありません!!

自己診断できるサイトや、雑誌の特集などがありますが、「自分で見てみたけどわからなかった」とおっしゃるお客様が結構いらっしゃいます。自己診断の際によく誤解される点ですが、お肌が黄みがかった方がイエローベース、とは限りません。お肌を美しく見せてくれる色がパーソナルカラーです。自己診断の結果や、過去の診断の結果にしっくりとこない点があるようでしたら、ご相談くださいね☆

ビックリ 性格も当たってる!?

よく驚かれますが、パーソナルカラーのシーズン毎のパーソナリティ(性質・気質)は、かなり言い当てている場合が多いんですよ。恋愛の傾向などが明らかになったりということも…。。。興味のある方には、診断の際に色々とお話しますので、お訊き下さいね☆

SHIORIさんの変身例


しおりさんはSpringさんでした。左のビフォー写真に比べると、右のアフター写真では、輪郭が引き締まり、より小顔に見えていますね! お肌も自然にワントーン明るくなり、とっても洗練された雰囲気に。 スプリングさんのイメージそのままにCUTE!(通常カラー診断では、お客様のお写真はお撮りしていません。もしご希望がございましたらお気軽にお申し付けください)

しおりさんのご感想

「そう、メイクも私に合った色、そして、顔の下に来る色ひとつでこんなに顔の印象が変わるんです!!びっくり!ずう~っと自分が似合う服ってなんなんやろ~って、悩んでいたのでこのお悩みを解決してくれてありがとう!!魔法使いShiobooさん!ついつい、テレビとか雑誌とかに出ているかわいいモデルさんを見てあ~☆まねしてみよ~♪なんて思ってやってみてもその人に合ったカラーをつけないと老けて見えたり、丸顔に見えたり血色悪く見えたり。人は見た目じゃない とはよく言いますがやっぱり第一印象ひとつでもっと、しゃべってみたいな~っと思わせたりすると思うんですよね。 だから、せっかく、かわいい勝負服と思って買った高い服ももしかすると、逆効果を生んでしまうなんてもったいない!! きっと、合った色の服をきて、メイクをすると鏡の自分が好きになって120点のスマイルができるんではないかな~って思います☆本当、コロリエさんは是非老若男女問わずおススメです!!」